茨城大学 工学部 都市システム工学科
防災・環境地盤工学研究室

Geotechnical Engineering Laboratory
Dept. of Urban and Civil Engineering, Faculty of Engineering, Ibaraki University


[学術雑誌] [国際会議] [国内会議] [研究発表会]

Journal Papers / 学術雑誌論文

2016

  • 小林 薫,松元和伸,森井俊広,中房 悟: キャピラリーバリアの性能に及ぼす表面保護層厚さの影響地盤工学会誌, Vol.64, No.2, pp.10-13, 2016.2.
  • 松元和伸,小林 薫,森井俊広,中房 悟: 層境界面に不陸を有するキャピラリーバリア地盤の限界長の評価地盤工学ジャーナル, Vol.11, No.2, 2016.6.
  • 小林 薫,鈴木ひかり,進藤里歩,村上 哲,松元和伸,森井俊広: 廃棄物最終処分場覆土に用いる水産系副産物(貝殻)の適用性に関する実験的研究土木学会論文集B3(海洋開発), Vol.72, No.2, 2016.9.
  • 菅 紘毅,辻本剛三,柿木哲哉,宇野宏司,小林 薫: 再利用した貝殻のキャピラリーバリアの海浜断面変化に及ぼす影響に関する基礎的研究土木学会論文集B3(海洋開発), Vol.72, No.2, 2016.9.
  • 榎本忠夫, 久保和幸 (2016.12): 2016年熊本地震による熊本市南区内の液状化被害調査−噴砂の液状化特性と液状化後の非排水せん断挙動−, 地盤工学ジャーナル, Vol. 11, No. 4, pp. 399-409.
  • Enomoto, T., Koseki, J., Tatsuoka, F. and Sato, T. (2016.11): Creep failure of natural gravelly soil and its simulation, Geotechnique, Vol. 66, No. 11, pp. 865-877.
  • Enomoto, T. (2016.8): Effects of grading and particle characteristics on small strain properties of granular materials, Soils and Foundations, Vol. 56, No. 4, pp. 745-750.
  • Enomoto, T., Koseki, J., Tatsuoka, F. and Sato, T. (2016.6): Rate-dependent behaviour of undisturbed gravelly soil, Soils and Foundations, Vol. 56, No. 3, pp. 547-558.
  • 榎本忠夫 (2016.6): 非塑性シルト質細砂の液状化と液状化後の強度変形特性, 土木学会論文集C (地圏工学), Vol. 72, No. 2, pp. 149-154.

2015

  • Murakami, S., Tay, L. T., Rohayu, B. C. O., Nishigaya, T., Nazirah, A., R. Roslan., I. N. Z. Baharuddin, Habibah, H. L., Sakai, N.: Landslides Hazard Map in Malay Peninsula by Using Historical Landslide Database and Related Information, Journal of Civil Engineering Research 2014, Vol.4, No.3(A), pp.54-58,2014.
  • 海野 円, 小峯秀雄, 村上 哲, 瀬戸井健一: 低炭素社会形成のための鉄鋼スラグの二酸化炭素固定化量の定量評価と二酸化炭素固定化メカニズムの推察, 地盤工学ジャーナル, Vol.9, No.4, pp.469-478,2014.
  • 安原一哉: 気候変動に対して脆弱なベトナム沿岸域強靭化のためのジオシンセティックスの適用性, ジオシンセティックス技術情報, Vol.30, No.2, pp.2-14,2014.
  • 白井信雄, 田中 充, 田村誠, 安原一哉, 原澤英夫, 小松利光: 気候変動適応の理論的枠組みの設定と具体化の試行−気候変動適応策の戦略として−, 環境科学会誌27, Vol.27, No.5, pp.313-323,2014.
  • Tamura, M., Yu Tabayashi, Frank Hiroshi,Ling, Kiyotake, Ajima, Nobuo Mimura , Kazuya Yasuhara: ANALYSIS OF TSUNAMI EVACUATION CAUSED BY THE GREAT EAST JAPAN EARTHQUAKE: A CASE STUDY OF IBARAKI PREFECTURE, Journal of Japan Association for Earthquake Engineering, Vol.16, No.3, pp.1-20(地震工学会英文論文集),2014.
  • Do Minh Duc, Kazuya Yasuhara, Mai Trong, Nhuan, Nguyen, Ngoc Truc: Adaptation to Climate Change-Induced Geodisasters in Coastal Zones of the Asia-Pacific Region, Engineering Geology for Society and Territory, Vol.1 , pp.149-152 ,2014.
  • Fujita, K., Komine, H., Murakami, S., Yasuhara, K.: Evaluation vulnerability in wide area due to river levee and bank seepage failure focusing on grain size distribution, XII International Symposium on Environmental Geotechnology, pp.27-29,2012.
  • 小林 薫,松元和伸,森井俊広: 貝殻を有効利用したキャピラリーバリアによる塩害防止策に関する基礎的研究土木学会論文集B3(海洋開発), Vol.71, No.2, pp.T_874-T_879, 2015.
  • Enomoto, T., Koseki, J., Tatsuoka, F. and Sato, T. (2015.12): Creep failure of sands exhibiting various viscosity types and its simulation, Soils and Foundations, Vol. 55, No. 6, pp. 1346-1363.
  • Enomoto, T. and Sasaki, T. (2015.8): Several factors affecting seismic behaviour of embankments in dynamic centrifuge model tests, Soils and Foundations, Vol. 55, No. 4, pp. 813-828.

2014

  • Murakami, S., Tay, L. T., Rohayu, B. C. O., Nishigaya, T., Nazirah, A., R. Roslan., I. N. Z. Baharuddin, Habibah, H. L., Sakai, N.: Landslides Hazard Map in Malay Peninsula by Using Historical Landslide Database and Related Information, Journal of Civil Engineering Research 2014, Vol.4, No.3(A), pp.54-58,2014.
  • 海野 円, 小峯秀雄, 村上 哲, 瀬戸井健一: 低炭素社会形成のための鉄鋼スラグの二酸化炭素固定化量の定量評価と二酸化炭素固定化メカニズムの推察, 地盤工学ジャーナル, Vol.9, No.4, pp.469-478,2014.
  • 安原一哉: 気候変動に対して脆弱なベトナム沿岸域強靭化のためのジオシンセティックスの適用性, ジオシンセティックス技術情報, Vol.30, No.2, pp.2-14,2014.
  • 白井信雄, 田中 充, 田村 誠, 安原一哉, 原澤英夫, 小松利光: 気候変動適応の理論的枠組みの設定と具体化の試行−気候変動適応策の戦略として−, 環境科学会誌27, Vol.27, No.5, pp.313-323,2014.
  • Tamura, M., Yu Tabayashi, Frank Hiroshi,Ling, Kiyotake, Ajima, Nobuo Mimura , Kazuya Yasuhara: ANALYSIS OF TSUNAMI EVACUATION CAUSED BY THE GREAT EAST JAPAN EARTHQUAKE: A CASE STUDY OF IBARAKI PREFECTURE, Journal of Japan Association for Earthquake Engineering, Vol.16, No.3, pp.1-20(地震工学会英文論文集),2014.
  • Do Minh Duc, Kazuya Yasuhara, Mai Trong, Nhuan, Nguyen, Ngoc Truc: Adaptation to Climate Change-Induced Geodisasters in Coastal Zones of the Asia-Pacific Region, Engineering Geology for Society and Territory, Vol.1 , pp.149-152 ,2014.
  • Fujita, K., Komine, H., Murakami, S., Yasuhara, K.: Evaluation vulnerability in wide area due to river levee and bank seepage failure focusing on grain size distribution, XII International Symposium on Environmental Geotechnology, pp.27-29,2012.
  • 小林 薫,松元和伸,森井俊広,中房 悟,西村友良: 砂層の乾燥密度がキャピラリーバリアの限界長に及ぼす影響地盤工学ジャーナル, Vol.9, No.4, pp.591-602, 2014.
  • 小林 薫,松元和伸,森井俊広,中房 悟,川端淳一,小澤一喜: 多層傾斜キャピラリーバリアの限界長に関する実験的研究地盤工学会誌, Vol.62, No.5, pp.6-9, 2014.
  • 森井俊広,竹下祐二,小林 薫,松元和伸: 不飽和地盤における原位置透水試験地盤工学会誌, Vol.62, No.5, pp.18-21, 2014.
  • 小林 薫,松元和伸,森井俊広,中房 悟: ホタテ貝殻を用いた成層傾斜キャピラリーバリアの限界長に関する研究土木学会論文集B3(海洋開発), Vol.70, No.2, pp.T_1092-T_1097, 2014.
  • 阪 絵梨子,森井俊広,小林 薫,松元和伸: 土のキャピラリーバリア機能を利用した試験的な盛土式廃棄物貯蔵施設のフィールド条件下での性能新潟大学農学部研究報告, Vol.66, No.2, pp.155-161, 2014.

2013

  • 小峯秀雄, 村上 哲, 安原一哉, 渡邊保貴, 御代田早紀, 藤田圭介, 多田恵一: 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震の被災状況から観た新たな環境地盤工学に関する課題と予察的考察, 地盤工学ジャーナル(東北地方太平洋沖地震特集号), Vol.7, No.1, pp.151-161,2012.
  • 磯 秀幸, 渡邊保貴, 小峯秀雄, 安原一哉, 村上 哲, 蛭田俊明, 戸祭 優, 豊田和弘: 浄水汚泥を埋戻し材として利用した水道管埋設工事の試験施工, 土木学会論文集C, Vol.69, No.2, pp.201-210,2013.
  • 中房 悟,小林 薫,松元和伸,森井俊広: 貝殻を再利用したキャピラリーバリア地盤の大型土槽実験による限界長の評価土木学会論文集C(地圏工学), Vol.69, No.1, pp.126-139, 2013.
  • 中房 悟,小林 薫,松元和伸,森井俊広: キャピラリーバリアを利用した盛土式廃棄物処分施設における底部集排水砂層の垂直応力下での排水に関する性能評価地盤工学ジャーナル, Vol.8, No.2, pp.197-207, 2013.
  • 小林 薫,松元和伸,中房 悟,森井俊広: キャピラリーバリアの限界長に及ぼす不織布敷設の影響地盤工学ジャーナル, Vol.8, No.4, pp.611-620, 2013.
  • 小林 薫,松元和伸,森井俊広,井上光弘: ホタテ貝殻を再利用したキャピラリーバリアのフィールド実験による限界長の評価土木学会論文集B3(海洋開発), Vol.69, No.2, pp.T_574-T_579, 2013.
  • T. Morii, T. Suzuki, T. Kawai, K. Kobayashi and K. Matsumoto: Performance of Capillary Barrier System Included in Test Shallow Land Waste Repository, 新潟大学農学部研究報告, Vol.65, No.2, pp.179-186, 2013.
  • Enomoto, T., Qureshi, O., Sato, T. and Koseki, J. (2013.12): Strength and deformation characteristics and small strain properties of undisturbed gravelly soils, Soils and Foundations, Vol. 53, No. 6, pp. 951-965.

2012

  • Yasuhara K., Komine H., Murakami S., Chen G, Mitani Y., Duc D.M.: Effects of climate change on geo-disasters in coastal zones and their adaptation, Geotextiles and Geomembranes, Vol.30, pp.24-34,2012.
  • 松元和伸,小林 薫、森井俊広,桃木昌平,田口勝夫,染谷 昇: キャピラリーバリアを構成する礫材の代替材としての貝殻の建設重機による破砕実験とびしま技報, No.61, pp.61-68, 2012.
  • 中房 悟,小林 薫、森井俊広,松元和伸: 水産系副産物(貝殻)を用いた砂混入防止型キャピラリーバリア地盤に関する検討土木学会論文集B3(海洋開発), Vol.68, No.2, pp.T_462-T_467, 2012.
  • 小林 薫,松元和伸,森井俊広,中房 悟: 潮位変動に伴う不飽和砂地盤内の塩と水の同時移動に関する研究土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.68, No.2, pp.T_1141-T_1145, 2012.
  • 小林真人,坂崎友美,小林 薫,金子 申,嶋長真人,藁科昌之,永住 亮: セルダンパーによる工事振動対策とびしま技報, No.61, pp.47-52, 2012.

2011

  • Nobuoka H., Murakami S.: Vulnerability of Coastal Zones in the Twenty-First Century, Clamate Change and Global Sustainability : A holistic Approach (Sustainability Science Series), pp.111-132(United Nations Universty Press),2011.
  • 小峯秀雄, 安原一哉, 村上 哲: 人工海水環境下における各種ベントナイトの透水係数, 土木学会論文集C, Vol.67, No.2, pp.276-287,2011.
  • 坂野 彰, 村上 哲, 小峯秀雄, 塚田義明, 牧田晃介: タイヤチップ混合ソイルセメントの強度変形特性, 土と基礎, Vol.59, No.7, pp.26-29(地盤工学会誌),2011.
  • 村上 哲, 小峯秀雄, 安原一哉: 茨城県北部地域における地震地盤災害, 土と基礎, Vol.59, No.7, pp.52-55(地盤工学会誌),2011.
  • Yasuhara, K., Komine, H., Murakami, S., Suzuki, K, Duc, D.M.: Climate change-induced compound geodisasters: Lessons from case histories, VNU Journal of Science, Vol.27, No.1S, pp.1-10,2011.
  • 小林 薫,西村友良,森井俊広,中房 悟: 水産系副産物(貝殻)のキャピラリーバリアへの有効活用に関する基礎的研究 −破砕した貝殻の保水性について−地盤工学会誌, Vol.59, No.7, pp.14-17, 2011.
  • 小林 薫、中房 悟,西村友良,森井俊広: 水産系副産物(貝殻)の保水性に着目した土質代替材への利用に向けた基礎的研究土木学会論文集B3(海洋開発), Vol.67, No.2, pp.T_382-T_387, 2011.
  • Nakafusa S., Kobayashi K., Morii T. and Nishimura T.: Alternative Employment of Crushed Shell Particles in Capillary Barrier of Soil, Int. J. of GEOMATE, Vol.1, No.1, pp.50-55, 2011.
  • 小林 薫,中房 悟,森井俊広,西村友良,松元和伸,松田浩朗: 貝殻の再利用に関する基礎的研究 −貝殻の保水性に着目した実験的アプローチ−とびしま技報, No.60, pp.67-72, 2011.

2010

  • Yasuhara K., Komine H., Murakami S., Chen G, Mitani Y.: Effects of Climate Change on Geo-disasters in Coastal Zones, J. Global Environment Engineering, Vol.15, pp.15-23,2010.
  • 渡邊保貴, 小峯秀雄, 安原一哉, 村上 哲, 豊田和弘: 凝集剤成分の溶出を伴う乾湿繰返しを受けた浄水汚泥の圧縮性および透水性の評価, 土木学会論文集C, Vol.66, No.3, pp.550-563,2010.
  • 渡邊保貴, 小峯秀雄, 安原一哉, 村上 哲, ベジェヒョン, 豊田和弘: 環境経済効果に基づいた浄水汚泥と砂質土の混合利用, 土木学会論文集C, Vol.66, No.4, pp.788-799,2010.
  • 小林 薫,近久博志: 画像解析技術を用いた地下水流動場の連続的な流向流速測定の試み地下水技術,第52号, pp.11-16, 2010.
  • 小林 薫,熊谷幸樹,松田浩郎,松元和伸,近久博志: ボーリング孔を利用した地下水流動場の流向流速測定技術の現状と連続流向流速測定装置(T-COGMOSS)とびしま技報, No.59, pp.53-60, 2010.
  • 小林 薫,鴇田 稔,松元和伸,熊谷幸樹,近久博志: 土留め掘削時の盤ぶくれ挙動把握に関する計測法について構造工学論文集, Vol.56A, pp.1054-1064, 2100.
  • 榎本忠夫, 中島進, 佐々木哲也 (2010.12): 分割型壁面のジオテキスタイル補強土壁に関する動的遠心模型実験 (その1 実験条件および遠心力載荷時の安定性), 第25回ジオシンセティックスシンポジウム, ジオシンセティックス論文集, 第25巻, pp. 161-168.
  • 中島進, 榎本忠夫, 佐々木哲也 (2010.12): 分割型壁面のジオテキスタイル補強土壁に関する動的遠心模型実験 (その2 地震時挙動と変形特性), 第25回ジオシンセティックスシンポジウム, ジオシンセティックス論文集, 第25巻, pp. 119-126.
  • 佐々木哲也, 中島進, 榎本忠夫 (2010.12): 分割型壁面のジオテキスタイル補強土壁に関する動的遠心模型実験 (その3 補強土壁の崩壊メカニズム), 第25回ジオシンセティックスシンポジウム, ジオシンセティックス論文集, 第25巻, pp. 169-176.

[学術雑誌] [国際会議] [国内会議] [研究発表会]


[Back]

Last updated: 25 Feb., 2015

©Copyright Geotechnical Engineering Laboratory
Dept. of Urban and Civil Engineering, Faculty of Engineering, Ibaraki University
2000 All rights reserved.